電車通勤は足腰の鍛錬になってたんだなー

って思いました。

いやこないだ、久々に電車で遠出したんです。
ちょっと所用がありまして。

そしたらそれから2、3日経っても、足腰の疲れが取れない!
いつも部屋に閉じこもりっきりだと、
こんなにも体が疲れるもんなんだなっていう。

フリーターのころは毎日2時間前後、電車通勤で立ちっぱなしでした。
それでもそんなに筋肉痛とかにならなかったのは、
やっぱし足腰の鍛錬になってたんだって気づきました。

電車通勤しなくなってから体力的に楽になったんですけど、
体力は落ちちゃってるなーって痛感しました。
やっぱたまには体を動かさないとダメっすね!
サボってたランニングとか再開しよっかな。。。

満員電車を回避する涙ぐましい努力

フリーターやってて一番ストレスだったのは、やっぱ金がないことでしたけど、
次にストレスだったのは満員電車です。
こりゃもう間違いないです、はい。マジでストレスでした。
体力的にも精神的にも。
総合力じゃトップだったまであるかも!?

そんな感じだったんで、やっぱそれをどうにか回避しようとするわけですよ。
涙ぐましい努力がありました。

つっても朝、早起きして出社したところで、
そんなに早く職場が開いてるわけじゃなく、
暇も潰せないんで、
ラッシュアワーをずらすのはちょっと難しかったです。
最終的には遅めのシフトを入れるって結論になりましたけど。

そんな中でも工夫の余地があったのは、
あえて各駅停車に乗るとか、
みんなが乗らないほうの路線に乗るとか。
要は路線を変えてみるってことですよね!
これは結構効果大でした。

アパートの1階は地獄だった・・・

家賃をケチってアパートの1階に住んだのが失敗でした。
マージで地獄でしたもんww

なにが地獄って、2階建てのアパートだったもんで、
上の階の住人の足音とか生活音がダイレクトに響いてきて、
そりゃもーうるさかったですよ!

それに1階って、ほら、“G”が出現しやすいじゃないですか・・・
アパートで暮らす前はそんな知識とかなかったもんで、
そりゃもう大変でしたよね・・・
夏場とかあんまりにも出現しまくるもんで、
精神的にやられてましたもん。
うかうか寝てもいられないっていう。

カーテン開けてたら隣の住人と目が合うし、
プライバシーも何もないです。1階って。

でもまー家賃が安いのはフリーターにとっちゃ大助かりでした。
もうゴメンですけどw

遅番なのに遅刻を繰り返す

俺は早番、遅番とあるアルバイト先で遅番だったんで、
フリーターんときは夕方になってから出勤で。
それでも油断しまくってて、遅刻を繰り返してましたねー。

ま、繰り返してたっつっても数年間で2、3回ですよ?

それでも遅刻しちゃったときは、
「やっちまったなー」って後悔してたんですけど。

なんで遅番なのに遅刻してたのかっつーと、
遅番のバイトに合わせて生活するようになっちゃってたんです。
仕事が始まるちょっと前に起きりゃいいかっつって、
夕方頃起きるような生活リズムで。
朝方まで起きてるのが当たり前になってって。
そりゃ寝坊もするってもんです。

明け方まで色々やってないで、
さっさと朝起きて色々やりゃいいんですけど。
なんだかんだで明け方になっちゃうんですよねーこれが。

食費を極限まで減らしていた

フリーター始めてしばらくはホントに金がなかったんすよ。
貯金もままならないレベル。
んでどこを削れるかっつったら、娯楽に大して金使ってるわけでもなかったんで、
もう生活費を切り詰めてくしか無い。
んでまっさきに削れるのはどこかっつったら、
やっぱ食費なんですよねー。

んで食費を削ってたわけです。
朝食なんてもちろん摂れないんで、一日二食。
それもなるべく自炊で済ませて。
自炊っつってもそれまで料理の経験もほぼなかったもんで、
ホント適当なやつばっかですよ!?
適当にカットした適当な具材をフライパンで炒めて終了、みたいなww

でもまあ癖がある食材さえ使わなけりゃ、それで普通にイケちゃうもんです。
キャベツとか鶏肉とかね。

それでまあ茶碗一杯のメシでも一緒に食ってりゃ、
なんとか腹がふくれるもんで、どーにかなってました。
月に5000~6000円ぐらいの食費でやってたんじゃないですかね、
一番少ない時期は?

アパートの更新料がキツかった

フリーター始めたてのころ、とにかくキツかったのが更新料でした。アパートのですね。
家賃は5万円ちょいだったんで、
2年に一度、家賃と同じ金額を更新料として払わなきゃならなくって。
その月は10万円ぐらい払ってたんです。

そりゃもーフリーターにはデカすぎる出費ですよ!!
10万円ですよ!?
ある程度貯金ないと払えないですもんね、そんな大金。
今思い返しても、どーやって払ってたんだか。
かなりギリギリでやってたと思います。

途中から、これは普通に生活してたらとても払えない額だって悟って、
更新料を見越して毎月の貯金額をコントロールするようになってました。
つまり毎月3000円ぐらいずつ積み立ててたんです。
それすらギリギリでしたけど、
それでなんとかやってけました。

でも今思うのは、
そんなギリギリの収入でフリーターなんて、
やるもんじゃないなってw
更新料にヒーコラ言ってるレベルじゃジリ貧です。

週一くらいのゆるゆるシフトで働いてた

一時期、とあるアルバイトをやめる前のしばらくの期間、
シフトを週一くらいまで減らして
ゆるゆるな状況で働いてたことを思い出しました。

多い時じゃ週5で働いてたこともあったところなのに、
そんな柔軟にシフト組ませてもらって、
ありがたいなぁーって思いでいっぱいでした。

それで一年ぐらい働いてたんですが、
まあー楽でしたねー。
勤務時間も昼からとかにして、
通勤ラッシュにぶつからないようにしてたんで、
そこんとこもストレスはなくて。

しかしまあそんな働き方じゃ、
ろくな仕事をして振られなくなってくもんで。
だんだん扱いが悪くなってったのは否めないですね。
席もあちこち移動させられたり。

ま、こっちはやめるつもりだったんで、
それは別によかったです。
むしろそんな状態でも一年ぐらい雇ってもらえたのに感謝、ですね。

自由にシフト組めるとこが楽

俺が何年か前に勤めてたバイト先は、
シフトが割と自由に組めるとこだったんで、
忙しいときとか体調悪いときなんかはシフト減らして、
逆にお金が必要なときはガッツリ入ったりとか、
そーいうこともできてました。

何箇所か勤めた経験上、
たぶんこういう職場って少ないんだと思います。
他のバイトとのシフトの兼ね合いもあるんで、
自分だけ勝手にシフトをコロコロ変えちゃったら迷惑ですもんね。

でもまあそうはいっても多少は融通がきくことがあるかもしれないんで、
アルバイト始める前にそういうのはたずねとくべきかもしれないです。
それでシフトがまったく調整きかないとかいう話になったら困るんで。

自由にシフト組めるところだったら、
水曜を休みにしとくとマジで楽ですよ!
月曜火曜入って、水曜休みで、木曜金曜入る、みたいな。
やっぱ連勤はキツいもんがあるんでね。

時給より働きやすさ

何箇所かフリーターとして職場を転々として感じたことは、
時給より働きやすさを優先するべきだな、ってことです。
まー何事にも限度はありますけど。
時給がたった何十円かの違いだったら、
それが安くても働きやすそうなところを選んだ方がいいんじゃないでしょうかね。

俺の例でいうと、
時給1000円で雑居ビルの一室に押し込まれて
すげー退屈なルーチンワークさせられたりとか、
時給950円で割と楽ちんな仕事をあれこれやらされたりとか。

俺にとっちゃ後者の方がよかったんですよね~。
やっぱ楽でしたし。割と快適でしたし。
仕事中にウォータークーラーで水飲んだり、
飲食することすら許されてましたし。

まーそういうのって働く前にゃ分からないことも多いんで、
どんだけ気を付けても完璧にどういう職場か把握すんのは無理ですわな。
でもちょっと面接前に職場まで行ってみるとか、
オフィシャルサイトのぞいてみるとか、
そんくらいだったらできるかなーって思いました。

俺はそういうの怠ってたから、職場選びに失敗しちゃったりもしましたし。

客が多い店でのバイトは大変

なるべく楽なバイトがしたいなら、客が多い店は避けるのが賢明かと。
ファストフード店とかコンビニとか、まあ接客業は全般的にそうですかね?

でも同じ接客業でも客単価が高くて客が少ない店ってのもあるわけで、
そういうところだと楽だろうなーって思うんです。

俺が昔勤めてた職場はわりと客単価高めでしたけど、
繁盛期はとんでもなく混むこともあって、そりゃ大変でした。
客層もあんましいいとは言えなかったです。
接客での気苦労も絶えませんでした。

ファストフード店とかコンビニのバイトはやったことないですけど、
たぶん俺が勤めてた職場よりずっとずっと大変でしょーね。
そりゃ間違いないです。
客数といい、客層といい。

どういう店だったら楽なんですかねー。
客が少なくて単価が高い……楽器店とか?
究極的にはジュエリーショップみたいなところがいいんでしょうけど、
そんなところでバイトできるわけもなし。
でもまあ探せば色々あるはずなんで、探してみてください。